有馬記念 前夜予想

f:id:yota3000:20191222001000p:plain
netkeiba.com様より)

◎アーモンドアイ
○フィエールマン
▲スワーヴリチャード
△ワールドプレミア
△サートゥルナーリア
△ヴェロックス
△アエロリット

アエロリットが逃げるレース展開を予想しますが、それほどペースは早くならないのではないかと思います。
位置的には、先行か、好位につけた馬が有利になると見ます。

本命は、アーモンドアイ。
今年の安田記念の時のような、ひどい出遅れがない限りは、盤石ではないかと思います。
中山コースも距離2500も共に初めてですが、初めてだからといって割り引くような馬でもないと思いますし。
枠も真ん中あたりですし、下手に内で包まれるリスクも少ないです。
強いて懸念を挙げるとすれば、すぐ外枠にスミヨン騎手のサートゥルナーリアがいることくらいでしょうか。

対抗は、フィエールマン。
前走の凱旋門賞は惨敗でしたが、これは馬場が悪く、全くレースにならなかったので、度外視します。
長距離のレースでは実績がありますし、ポジションを取れて、瞬発力もあります。
懸念は、凱旋門賞後の反動と、乗り替わりです。
これまではレース間隔を開けて使われていたので、疲労が抜けているかどうかは気になりますが、最終追い切りの動きには躍動感があり、問題なさそうに見えました。

単穴で、スワーヴリチャード。
天皇賞(秋)ジャパンカップと連戦し、ジャパンカップでは勝ちましたが、その後の調教でも坂路で好時計を出していて、引き続き状態が良さそうです。
そして絶好の2番枠。
インコースを立ち回らせたら上手い、オイシン・マーフィー騎手と、条件が整いました。
思い切って本命にすることも考えましたが、上記の2頭が有力と考えて3番手評価です。

紐で、ワールドプレミア、サートゥルナーリア、ヴェロックス、アエロリット。
3歳牡馬3頭はいずれも有力で、特にサートゥルナーリアは能力が高いと思います。
これまでにレース直前の入れ込みで負けてきたので、パドックでの様子に注目したいです。
アエロリットは逃げ粘りを警戒します。

馬券は、アーモンドアイ軸の馬単3連単で。